校舎

校長あいさつ

平田高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

校長の 小林 努 と申します。この4月に着任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は1916(大正5)年に平田農学校として設立され、創立105年目を迎える長い歴史と伝統を有する学校です。卒業生は17,000人を超え、多くの先輩方が県内外の様々な分野で活躍されています。「自律・協同・創造」を校訓とし、「主体的な姿勢と協調の精神をもって、常に新しい時代を切り開く人格の形成に努めさせる」を教育方針としています。

 一昨年度から文部科学省の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」に取り組んでいます。この事業は、高等学校が、市町村、大学、産業界などの地域の様々な機関と連携して、組織的に地域課題の解決などの探究的な学びを推進することで、高等学校を地域振興の核と位置づけ、将来の地域社会を担う人材を育成することを目的としています。本校の事業計画である「地域人材育成循環システム 平田プラタナスプラン」を軸としながら、平田商工会議所や島根県立大学などの地域の様々な機関と協働し、体験的・探究的な質の高い学びを目指して活動を展開しています。3年目である今年度は事業最終年度であり、この事業への取組をさらに進化(深化)させ、学校の魅力化や持続可能な学校づくりを推進したいと考えています。

 

~ 105年目の挑戦 チーム「平(ひら)高(こう)」地域との協働 ~       

を合言葉に教職員一同精進してまいります。本校教育活動の推進に皆様方の温かいご支援とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

令和3年4月

 

 

プラタナスプラン