節分イベント もち街~木綿街道での全国高校総体PR活動

節分イベント もち街~木綿街道での全国高校総体PR活動について

「平田高校の自主的活動」

 

   平成28年2月7日(日)、出雲市平田町で開催された「節分イベント もち街~木綿街道」において、平田高校の生徒が全国高校総体のPR活動を行いました。当日は、積雪もあり、開始前に吹雪くこともありましたが、天候は徐々に回復し、その後晴天に恵まれ、小さな子どもから高齢者まで、多くの来場者で賑わいました。

 その会場で、平田高校の生徒活動推進委員とイベントにボランティアとして参加した家庭クラブ・野球部・ソフトテニス部員(計約50人)が、それぞれのボランティア活動の合間に、ポケットティッシュ・チラシ・ステッカーを配り、全国総体をPRしました。地元のゆるきゃら「おんすうふらたろう君」や柔道教室での稽古を終えた小学生もPRの応援に駆けつけてくれました。

 節分イベントにちなんで生徒が扮装した赤鬼・青鬼は、子どもたちに大人気で、用意したティッシュのダンボール3箱は正午には空になるほどでした。多くの人たちに地元でのインターハイをPRできました。

節分イベント もち街~木綿街道での全国高校総体PR活動
平田高校のブース前で記念撮影
節分イベント もち街~木綿街道での全国高校総体PR活動
ブース前での配布 このときは、まだ、雪も残っていて客足もまばらでした。
節分イベント もち街~木綿街道での全国高校総体PR活動
「おんすうふらたろう君」が応援に駆けつけてくれました。
節分イベント もち街~木綿街道での全国高校総体PR活動
正午前には天候も回復し、たくさんの来場者で賑わいました。