留学生のマチルダさんのお別れ集会が行われました(2月3日)

2015年2月12日

今年度4月から1年4組に所属していた留学生のマチルダ・ブトーさんがフランスに帰国することとなり、2月3日(火)には全校で「マチルダさんお別れ集会」が開かれました。

「私は他の人より勇気があるわけではなくて、ただ最初の一歩を踏み出しただけです。100%心の準備ができていたわけではありません。それでも自分を信じて、踏み出さないといけないときが人生にはあります。すべてのことに心の準備をすることはできません。だから、完璧なタイミングを一生待っていてはだめです。踏み出して下さい!」
(2月3日マチルダさんお別れ集会でのスピーチより)

 たくさんの大切なメッセージを私たちにプレゼントしてくれたマチルダさん。学年を超えて、全校のたくさんの生徒が共感し、影響を受けました。お別れ集会では、マチルダさんの学園祭に続き二度目となるスピーチに続き、親友であるクラス代表生徒の心のこもったお別れの言葉で全校が1つにまとまり、マチルダさんとのお別れを惜しみました。生徒会からは『かけはし』となる名前入りのお箸の記念品贈呈がありました。

 マチルダさん、その明るい笑顔、パワフルな積極性、可愛らしいユーモアをもって、遠いフランスのニースからこの平田高校に来てくれて、本当にありがとう!お元気で!