人権・同和教育LHRを実施しました(6月25日(水))

 2・3年生各クラスで人権・同和教育LHR(ロングホームルーム)を実施しました。

 【2年生】「同和問題の歴史から学ぶ」
     同和問題の歴史学習を通して、差別やいじめといった身近に起こりうる問題に直
    面したときの対応や、将来の生き方について考えました。

     事前アンケートを通して、差別やいじめの起こりについて考えました。
   ○「差別をする人はどんな人だと思いますか?」
      多かった回答は 「自己中心的な人」
                 「自分だけが正しいと思い上がっている人」 でした。
   ○「差別をするときはどんな時だと思いますか?」
      多かった回答は 「仲間外れにされたくないと思う時」
                 「人の悪いうわさを聞いた時」 でした。

     授業では、誤った考え方(理屈・偏見)を周囲に広げることで自分を守ろうとす
    る人々の弱さこそが差別やいじめを生み出す原因(本質)であること。しかしなが
    ら、誰でもがそういう危うい状況におちいる可能性を持っていること。それを克服
    するためには、歴史から学び、多様な価値、多様な生き方を認め合えるような
    人権感覚を身につけていくことが大切であることを学習しました。

  【3年生】「公正選考にむけた取組について学ぶ」
     「全国高等学校統一応募用紙」が採用された背景を知り、公正選考に向けた取組
    の実際について学習しました。

     授業では、担任・副担任による模擬面接(寸劇)を通して、採用選考のあり方に
    ついて考えるとともに、生徒や学校からの問題提起の結果、社用紙の使用は禁止
    され、1973年より「全国(高等学校)統一用紙」を使用するよう「労働省通達」が出
    されたことを学習しました。また、何気なく答えてしまうようなことでも、実際に
    選考基準とされ、予断と偏見によって判断された実例などを学び、きちんと学校に
    報告することの大切さを学習しました。