2年生が上級学校見学を行いました。(11月12日(火))

 11月12日(火)に2年生160名が8班に分かれて出雲市、松江市にある大学や短大、専門学校などを訪問し、研究内容・学校生活についての話や、学生の体験談などを聞きました。

「明日のしまねを担う高校生キャリア教育推進事業」の一環として昨年度から実施していて「自己の将来について具体的な展望を持つ。さらに現代社会の現実を視野に入れ、自分自身の進路実現のための方法について考えを深める。」ことなどを狙いとしています。

 この日は、第1体育館で全体朝礼・諸注意のあと、大型、中型のバス5台に分乗して出かけました。

 訪問したのは島根大学(松江キャンパス)、法文学部、教育学部、総合理工学部、生物資源科学部、島根県立大学(出雲キャンパス)、島根大学(出雲キャンパス)医学部看護学科、松江総合医療専門学校、島根県立大学短大部(松江キャンパス)、松江総合ビジネスカレッジ、松江理容美容専門学校でした。各自の希望に添って午前と午後それぞれ1か所を訪問しました。

生徒の感想です。

●大学の雰囲気を自分の体でいろいろ感じることができ、今まで、オープンキャンパスに参加したことがなかったのでとても参考になった。行きたい学校がはっきりきまらなくて不安に思うこともあるが、今回の訪問を通して先のことが見えてきて、モチベーションが高まった。

●実際に行ってみて肌でその学校の雰囲気を感じることは本当に大切なのだと思った。今回看護学が学べる2つの学校に行き、同じ看護を学ぶ場でもいろいろ違うところもあり、志望校を決めるときには今回のことを参考にしていきたい。

●大学は学部・学科を超えて学生同士が議論をするということに魅力を感じた。自分の世界が広がる場所だということも強く感じ、それゆえに、自分が疑問に感じたことがそのまま研究課題へと発展していくという点も面白いと思った。」

などと、大変貴重な体験であったことが伺えます。 

また、担当の教員は、
「今回の上級学校訪問は平日に行い、学生たちが実際に勉学活動している場面を多く見ることができた。普段の学生生活の様子を見ることができ刺激を受けたと思う。本校の生徒たちは、きちんとした身だしなみや態度で臨み、メモを取ったり質問を行うなどして充実した訪問となった。」と語っています。

それぞれの会場での見学の様子です。

2年生が上級学校見学を行いました。(11月12日(火))
2年生が上級学校見学を行いました。(11月12日(火))
2年生が上級学校見学を行いました。(11月12日(火))
2年生が上級学校見学を行いました。(11月12日(火))