PTA講演会が行われました

2011年9月29日
9月23日 「平田ふれんどりーハウス」にて
PTA講演会が行われました

 PTA主催の講演会が9月23日(金・祝日)に「平田ふれんどりーハウス」で開催されました。

 これはPTA研修委員会が中心になって企画したもので、今年がはじめての試みです。 


 今回は相愛大学の客員教授で食育・料理研究家として著名な坂本 廣子先生をお呼びして、保護者・教職員・地域の方々22名に「米粉から考える日本の食 米粉で簡単クッキング」という演題でお話をしていただきました。 


  「伝統を子孫に伝え続けるのが、我々の役目であり、その一つが米文化である。米の需要が低迷したままでは、その文化もやがて廃れていく。少しでも米の需要を増やしていく意味で米粉の力を再認識してほしい。」というお話で、経験に裏打ちされた巧みな話術に聴衆は聞き入っていました。


   その後、米粉を使ったクッキングとして、クリームシチューと掻揚げの実演があり、全員で試食して会を締めくくりました。

02209