平田商工会議所と連携協定を締結しました。

平田商工会議所と連携協定を締結しました。

平田高等学校と平田商工会議所との連携協定について

 平田高等学校は、平田地域で唯一の高校として、
かねてより平田商工会議所の主催される木綿街道
や商店街のイベント等に参加してきました。
平成30年4月からは2年生の「地域課題解決学習」
において「まちづくり」や「灘分あずきの活用」などを
テーマに、積極的に地域に出かけ、自らイベントを
企画し、あるいは地元企業と協働で新商品開発に
取り組み、平田地域で様々な活動を展開しています。


 平成30年11月9日、平田高等学校と平田商工会議所は、平田商工会議所の「 平田未来ビジョン」に基づき、若い世代の発想力や行動力を活かし、活力ある平田地域の形成・発展に様々な分野で相互に協力して取り組むため、連携協力に関する協定書を締結しました。
 今後この協定に基づき、より積極的な連携に取り組んでまいります。



【 目的 】

  島根県立平田高等学校と平田商工会議所が、教育とまちづくり・地域振興の分野で相互に協力し、次世代の人材育成と地域社会の活性化に寄与することを目的とする。



【 連携・協力事項】

 1. 教育の推進及び人材育成に関すること

 2. まちづくり、地域振興の推進事業に関すること

 3. 地域課題の解決に関すること

 4. その他目的を達成するために必要な事項に関すること

 ○この協定締結は「山陰経済ウィークリー(1/22号)」、
  日本商工会議所の月刊誌「石垣(2019.1号)」にも取り上げられました。



連携協定書を披露する大谷厚郎会頭(左)と坂根昌宏校長(右)
平田文化館にて

平田商工会議所と連携協定を締結しました。




 『連携協定書』

平田商工会議所と連携協定を締結しました。