平成30年度1学期の始業式をおこないました(4月9日)

校長新任式、先生方の新任式に続き1学期の始業式が行われました。
平成30年度1学期の始業式をおこないました(4月9日)

 新しく赴任された先生方をお迎えする新任式に続き、1学期の始業式がおこなわれました。
 校長新任式では坂根新校長(中央)の紹介・挨拶があり、新任式では11名の新任教職員の紹介、代表挨拶がありました。生徒も新任教職員一同も緊張の中でこれから始まる学校生活に期待を寄せている様子でした。始業式では校長より訓話がありました。その後、学級担任、部長、部活動顧問の発表があり、生徒たちはどきどきした様子で聞いていました。


----------------------------------------------------------------------------------------------------
平成30年度 1学期始業式 訓話         

               ―「今」が自分を変えるチャンス―

 深夜の地震で目が覚めた人も多いのではないかと思います。出雲市は震度5弱、最大は大田市の震度5強という大きな地震でした。私が住んでいる松江市は震度4でしたので、少し揺れは弱かったようですが、それでも直前のスマホの警報と地震の揺れで飛び起きました。今朝、担任の先生に各クラスで確認していただいたところ、皆さんには被害がなかったと聞いて少し安心しています。台風は、天気予報によってかなり正確に動きがわかるので、対応するための準備ができます。地震ついても事前に察知する技術は、近年格段に進歩していますが、それでも揺れに対応するための準備の時間はほとんどありません。このような機会に、当事者意識をもって、地震への対応について考えてほしいと思います。これから数日間は、同じ規模の余震が起きる可能性があると報道されています。授業中に地震が起きることも考えられます。家にいる時に起きるかもしれません。地震はいつ、どこで起きるかわかりません。地震が起きた時にどのような行動をとればよいのか、避難経路はどうなっているかなど、その場の状況に応じて対応できるようにしておく必要があります。学校での避難経路を書いたプリントを各教室に掲示してもらいましたので、いざという時のために、必ず確認しておいてください。

 さあ、いよいよ平成30年度が始まります。4月は心機一転を図るのに良い時期です。 皆さんは平田高校で1年または2年を過ごしてきたわけですが、振り返ってみると、「もう少し頑張れたのでは」とか「あの時にこうしておけば良かった」などと思えることが一つや二つはあるのではないかと思います。 新年度がスタートするにあたり、これまでの自分を振り返ってみてほしいと思います。 過去の経験を教訓にして、同じ失敗を繰り返さないように、そして、少しでもバージョンアップ、グレードアップするように心がけてほしいと思います。また、何か新しいことにチャレンジすることを考えてみるのも良いと思います。「今」が自分を変えるチャンスです。

 大切なのは、実行することです。どんな小さなことでもいいですから、具体的な行動目標を一つ設定し、実行すると良いと思います。例えば、「毎朝5分早く登校する」とか、「毎日の家庭学習時間を30分増やす」とか、「新聞の一面は毎日必ず読む」など、具体的な目標は、とりあえず一つだけで構いません。継続することを考えると、一つの目標を達成するのも結構大変かもしれません。まず一つ、それができたら次、という具合に、小さな目標の達成を積み重ねることによって、少しずつ自分を成長させていってほしいと思います。皆さんも今週のうちに一つだけでいいですから、具体的に目標を考え、行動に移してみてください。

 さて、明日は入学式です。共に平田高校で生活する仲間として、160名の新入生を心から歓迎しましょう。校歌を大きな声で歌うことは、在校生として歓迎の気持ちを表す最も有効な方法です。  皆さんには、勉強や学校行事や部活動など、様々な活動の場面で、良き先輩であってほしいと思います。新入生も平田高校で学んで良かったと思ってくれるような、魅力と活力のあるすばらしい学校になるよう、力を合わせて頑張りましょう。

                                 平成30年4月9日                                                                                            
                                 島根県立平田高等学校長 
                                 坂 根 昌 宏