2学期の防災指導をおこないました(11月7日)

 11月7日(火)に地震に関する防災指導をおこないました。
 今回は、本校JRC部からの提案・協力もあって、平田消防署の方のお話の後、2グループに分かれて「起震車体験」と「新聞紙スリッパづくり」をおこないました。

●起震車体験
 5~6人を1グループとして、震度7の揺れを体験しました。

2学期の防災指導をおこないました(11月7日)

【生徒の感想】
・たて揺れには耐えることができたけれど、よこ揺れは何かにつかまらないと揺れに耐えることができませんでした。地震を甘く見ることなく、家族などとしっかり考えたいです。
・たて揺れとよこ揺れが同時にくると、体も崩れやすいですし、とても危険だということがわかりました。
・すごく怖かったです。実際には物が落ちてきたりすると思うので、今日体験した以上に苦しいのかなと思いました。
・実際に起きたら嫌だけど、(地震が)起きたときに冷静に対応したいです。


●新聞紙スリッパづくり

 JRC部員の指導によって、地震によって窓ガラスなどが壊れて飛散したことを想定し「新聞紙スリッパ」づくりをおこないました。
 その後、デコボコのある床面を実際に歩いてみて、その効果を体感しました。

2学期の防災指導をおこないました(11月7日)
2学期の防災指導をおこないました(11月7日)
2学期の防災指導をおこないました(11月7日)